インターコンチネンタル(IHG)情報館

インターコンチネンタル、IHGなどの情報を更新中!

体験談

インターコンチネンタル アンバサダー特典の「ウィークエンド無料宿泊券」を利用!細かな点をまとめてみた

更新日:

インターコンチネンタル アンバサダー会員になると、入会時や会員更新時などにアンバサダーキットが貰え、その中に「ウィークエンド無料宿泊券」があります。

今回は、このウィークエンド無料宿泊券の体験談や、よく知られていない内容などを詳しくまとめてみました。

ウィークエンド無料宿泊券とは?

この「ウィークエンド無料宿泊券」を簡単に解説すると、週末の2泊のうち1泊分が無料になるというチケットです。

このチケットを利用するには専用プランで予約をして、宿泊時にこのチケットをホテル側に提示する必要があります。そうすることで、1泊分が無料となります。チケットを忘れたりすると、無料にはならないので気をつけて下さい。

留意点として覚えておいてほしいのは、この無料宿泊券を利用できる予約プランは専用プランとなり、その日の最安値プランではありません。

無料宿泊券を利用する専用プランは、基本的にベストフレックス料金と同額になることが多いようです。インターコンチネンタルでは、キャンセル不可の「事前割引料金」が最安値の場合が多いので、それよりも高い料金設定になっています。

ただし、無料宿泊券を利用すれば2泊分のうち1泊分が無料になるので、2泊トータルで考えると「無料宿泊券」を使った方が割安になるケースが多く、お得といえます。

この「ウィークエンド無料宿泊券」、大まかな内容は上記で紹介した通りですが、今回はより詳しく、“細かな”ところを紹介していきたいと思います!

実際にウィークエンド無料宿泊券を利用してみたので、体験談と交えて細かなところを見ていきましょう!

インターコンチネンタル アンバサダー特典のウィークエンド無料宿泊券を実際に利用してみた例

今回、インターコンチネンタル バリ リゾートでウィークエンド無料宿泊券を利用してみました。

まずは、予約時の金額を見ていきましょう。

予約時の金額は?

予約時、ウィークエンド無料宿泊券を利用した際には2泊分の金額が表示されます(1泊は無料になりますが、まずは2泊分を支払うことを仮定した見積もりとなります)。

今回は、クラブルームでの予約で1泊$349(2泊で$698)、サービス料が2泊分で$69.80、税金が2泊分で$76.78で総額$844.58の見積もりとなっています。支払いはインドネシアルピアでしたが、何故か米ドルでの見積もりとなっています。

総額$844.58($1=111円前後)なので、日本円で約94,000円ぐらい。バリでこの金額は正直出せません...(苦笑)

予約時に「トータルで2泊分払うような見積もりになってる...本当に1泊分無料になるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、しっかりと後日訂正されるので安心しましょう!

後日、見積もり額に訂正、部屋のアップグレードが確認できた!

予約してから数日後(宿泊日より前)、公式アプリや公式サイトで、見積もり料金の変更や部屋がアップグレードが確認できました。

内容はこちら ↓

部屋は、予約していた「Club Intercontinental room」からワンランク上の「Club Duplex Suite」という部屋に。

少し話がズレますが、この「ウィークエンド無料宿泊券」を持っている方は、アンバサダーメンバーの方が殆どだと思います。アンバサダーメンバーは、インターコンチネンタルの場合、1ランク上の部屋にアップグレードが保証されています。

参考インターコンチネンタル アンバサダー会員まとめ!魅力はどこ?

後ほど詳しく紹介しますが、基本的に無料宿泊の部類だとアンバサダーであってもアップグレードの対象外となる模様ですが、今回は ウィークエンド無料宿泊券を利用しても部屋のアップグレードが適用されて、1ランク上の部屋になったということです。

では訂正された金額を見ていきましょう。
訂正された見積もり料金は、1泊$174.50(2泊で$349)、サービス料が$34.90、税金が$38.39となっており、総額$422.30(日本円で約47,000円)です。

ちょっと分かりづらいかもしれないので、表にまとめてみました。

項目 修正前 修正後
部屋カテゴリー クラブインターコンチネンタル クラブ デュプレックス スイート
部屋代金 $698 $349
サービス料 $69.80 $34.90
税金 $76.78 $38.39
トータル料金 $844.58 $422.30
日本円で約47,000円

全体的に修正前と比べて半額(1泊分無料)になっているのがわかります。

また特に気にしてもらいたいところは、部屋代金が1泊分になることでサービス料も税金も1泊分になっていることです。

ここまでが宿泊前の情報に私達が分かる情報です。では、実際に宿泊して見積金額どおりなのか確認しみてみましょう。

実際に泊まってみて支払った金額は?

実際に宿泊してチェックアウト時の支払額はこちら ↓

初め、この金額の桁を見て驚きましたが、よくよく考えるとここはインドネシアなので、インドネシアルピアでの金額(内心、非常に焦ってたので気づくのに時間がかかったのは内緒)。

総額が5,613,079ルピアで、日本円に換算(宿泊時は10,000ルピア=約85円)すると約47,711円となり、見積額とほとんど変わらない額となります。多少のズレは為替変動なので、その点はご了承を。

実際にクレジットカードの請求額はこちら ↓

47,534円でした。

見積もりでは、ウィークエンド無料宿泊券を使わずに2泊すると約94,000円だったので、今回は、ウィークエンド無料宿泊券を利用したおかげで約半額となっています。

最初の方でも述べましたが、このウィークエンド無料宿泊券を利用すると「専用レートのプラン」での予約となるため、その時の最安値よりも高い金額での予約になりがちです。

詳しく解説すると、今回の場合、専用プランとなる「AMB Certificated料金」で、1泊$349でした。この時の最安値はキャンセル不可の「事前割引料金」で、1泊$240でした。1泊で約1万円の違いです。

なので、「ウィークエンド無料宿泊券を利用したほうが、本当に安いのかどうか」<という点をよく確認した方がよいでしょう。

また、ウィークエンド無料宿泊券のよいところは、(今回は3日前まで)キャンセル可能な予約であること。「事前割引料金」の場合は最安値となりますが、キャンセル不可なのが難点と思う方もいるでしょう。

ということで、それぞれの良いところ、悪いところを見比べて、ウィークエンド無料週末券を利用してみてください。

ウィークエンド無料宿泊券で気になる細かな点はどんなところ?

ここからは「ウィークエンド無料宿泊券」で気になる“細かな点”をリストアップしてみてので、気になった所などを確認してみてください。

  • 無料になるのは1泊目?それとも2泊目?
  • サービス料や税金も無料になるの?
  • 宿泊してポイントは付くの?
  • 宿泊回数にはカウントされる?
  • アンバサダー特典の部屋アップグレードは?
  • アンバサダー特典のレイトチェックアウトは?
  • キャンペーンの対象となるの?

上記が私が実際利用するまで知らなかったことや分からなかったことです。

無料になるのは1泊目?それとも2泊目?それとも総額の半分が無料に?

ウィークエンド無料宿泊券で無料になるのは「2泊目」です。

例えば、1泊目は3万円、2泊目は5万円の宿泊料金だとします。合計では8万円です。ただ、ウィークエンド無料宿泊券を利用すると2泊目が無料となるので、1泊目の3万円だけしか掛かりません。

逆に1泊目は5万円、2泊目は3万円の宿泊料金だと、1泊目の5万円が掛かります。

もうお分かりだと思いますが、「ウィークエンド無料宿泊券」を利用する時には、2泊目の宿泊料金が高いような日程にするとお得感があるということです。

土日の2泊にするか、日月の2泊にするかを選ぶ基準として、2泊目が高い料金に設定されている方を選んだ方が良いということですね!

今回、私の事例では、1泊目と2泊目が全く同じ料金だったので、(1泊目と2泊目を合わせた)総額の半分の金額となりましたが、1泊目と2泊目の金額が違う場合、総額の半分ということではないと覚えておきましょう。2泊目が無料となります。

サービス料や税金も無料になるの?

サービス料や税金も無料になります。

宿泊料金は、“2泊目”の料金が無料になるので、この2泊目分のサービス料が無料となります。また、宿泊料金が無料なので税金もありません。

ウィークエンド無料宿泊券を利用した場合、IHGリワードクラブのポイントは付くのか?

結論から言えば、ウィークエンド無料宿泊券を利用した宿泊では、ポイントが付与されます。

宿泊直後に貰えたポイントはこちら ↓

上の画像のように、基本ポイントとボーナスポイントが「0」です。宿泊後、数ヶ月経っても付与されません。

「あれ?ポイントって付与されないの?」と思った方も多いと思います。

ここからが注目してほしいところです!
実は、宿泊してもポイントが付与されていませんが、カスタマーセンターに連絡するとポイントを付与してくれます。

カスタマーセンターに連絡してもよいし、自分のアカウント(マイアカウント)のところに「不足ポイントフォームを提出」という項目があるので、そちらから申請してもよいです。

上の画像の赤枠部分から不足ポイントを申請しても、しっかりとポイント付与されました。

申請して付与されたポイントがこちら ↓

もしかしたら申請しなくてもポイントが付与される方もいるのかもしれませんが、基本的にポイントは申請しないと付かないようです。なので、ちょっと面倒ですがポイントが付与されていなければ、必ず申請するようにしましょう。

私はいつも付与されておらず、ずっと申請していませんでした...。最近、このブログの読者の方から申請することでポイントが付与されることを教えて頂きました。教えてくれた方、ありがとうございます!

宿泊回数にはカウントされる?

宿泊回数でエリートステータスのランクが上がったりしますが、ウィークエンド無料宿泊では会員ステータスアップの対象としての宿泊回数にカウントされます。

しかし、これも上記のポイント付与と同じでポイントが付与されていない状況だと宿泊数のカウントは「0」のままです。カスタマーセンターに申請(ポイント加算の申請すれば、宿泊数も訂正してくれます)して、宿泊数を加算して貰う必要があります。

申請すると、資格取得必要宿泊数が「2(泊分)」に変更されました。

客室のアップグレード

基本的に無料宿泊の部類では、アンバサダーであっても客室のアップグレードは対象外の模様です。なので、ウィークエンド無料宿泊券を利用した宿泊では、アップグレードも対象外だと思われますが、ホテル側の対応でアップグレードしてくれる可能性もあります。

今回、ウィークエンド無料宿泊券を使った宿泊でも客室のアップグレードがありました。宿泊したのはインターコンチネンタル バリ リゾート。この時の会員ステータスは、プラチナ アンバサダーです。

また、ポイントでの無料宿泊(リワーズナイト)でもアップグレードしてくれるところが多い印象です(ゴールド アンバサダーでもアップグレードしてくれるところが多かったです)。

ただ確実ではないと思うので、ウィークエンド無料宿泊券を利用したり、ポイントを利用した無料宿泊の場合は、「アップグレードされたらラッキー」程度に思っておいた方がよいかも...。私は、アップグレードはされないものと思っていたので、非常に嬉しかったです。

確実な話ではないため、もし気になるようでしたら、宿泊したいホテルにその辺を直接聞いてみるのがよいと思います。

私の場合は、インターコンチネンタル バリ リゾートでは予約から数日後に、公式サイトや公式アプリで部屋がワンランクアップグレードされているのが確認できました。

クラブルーム(CLUB INTERCONTINENTAL)を予約していましたが、ワンランク上のクラブ デュプレックス スイート(CLUB INTERCONTINENTAL DEPLEX)に変更されました。

また別件(ホテルまでの送迎を依頼)でメールをしたところ、まずは、しっかりと予約状況の確認メールをくれて、AMB Certificated(ウィークエンド無料宿泊券を利用した宿泊)での予約であることや、部屋がアップグレードされている趣旨などを記載してくれたので、アップグレードされていることは事前に分かりました。

アップグレードは確実ではないと思いますが、事前にウィークエンド無料宿泊券を利用した場合はアップグレードがあるのかないのか一度泊まりたいホテルに問い合わせてみるとよいでしょう。

アンバサダー特典のレイトチェックアウト16:00までは適用可能?

レイトチェックアウトは適用可能で、アンバサダー特典である16:00までのレイトチェックアウトが適用されます。

レイトチェックアウトが16:00は本当に便利で、一度利用してしまうともう午前中にチェックアウトはできない体質になってしまいます(笑)。朝食を食べた後に慌てずにゆっくりとチェックアウト時間まで過ごせるのは本当に良いですよ!

頻繁に行われているIHGキャンペーンの宿泊対象となるの?

IHGは非常に沢山のキャンペーンを行なっており、ポイントがザクザク貯まるのが魅力です。

そのようなキャンペーンで、例えば、「5泊すると10,000ポイントプレゼント」などのキャンペーンがよくあります。そのような場合、ウィークエンド無料宿泊券を利用した宿泊では、宿泊回数としてカウントされるのか気になる人も多いのではないでしょうか?

結論としては、されるのか、されないのかちょっとよく分からず...

というのも、私の場合は今までキャンペーンの対象宿泊数にはなっていなかったのですが、読者の方でキャンペーンの宿泊数としてカウントされていたという方もいらっしゃいました。

ウィークエンド無料宿泊券まとめ

今回は、ウィークエンド無料宿泊券の実例と共に、細かな気になる点をリストアップしてみました。意外と細かいところが分かりづらいウィークエンド無料宿泊券。

最終的にまとめてみると、

  • 2泊目が無料になる
  • 宿泊代金以外となるサービス料や税金も無料になる
  • ポイント、エリートステタースに必要宿泊数はカウントされる(申請する必要がある)
  • レイトチェックアウトは16時は適用される
  • 客室のアップグレードはしてくれるところも。

個人的には、実際に利用してみないと分からない点が沢山ありました。

また、週末無料券を利用した専用レート料金(AMB Certificated)が実際に安上がりなのかは、しっかり調べた方がよいとも感じました。私も何度も色々なインターコンチネンタルでAMB Certificated料金と事前割引料金を比較しながら、週末無料券を利用したら必ずお得になるホテルを探し回って、今回はインターコンチネンタルバリに宿泊してみました!

以上、是非、参考にしてみて下さいね!

おすすめ記事

1

IHGの恒例キャンペーンである「スピードアップ キャンペーン」の応募・登録が開始され、オファー内容が公開されています! キャンペーン対象期間は、2018年1月1日〜4月30日まで。(キャンペーン期間中 ...

2

IHGの有料会員制度である「アンバサダー」に入会、更新した際に貰える「アンバサダーキット」が一新されています。私がアンバサダーを更新したのは2017年6月末。その時に送られてきたアンバサダーキットはす ...

3

IHGグループのホテルの中で最も高級ラインとなる「インターコンチネンタル ホテル」には、アンバサダー・プログラムがあります。 ここでは、 「アンバサダーって何?」 と思っている方や、 「インターコンチ ...

4

今回は、IHGの会員「IHG Rewards Club」の特典について解説したいと思います。 IHG Rewards Club(以下、IHG リワーズクラブ)には、ステータスは4種類あり、下記の通りで ...

-体験談
-

Copyright© インターコンチネンタル(IHG)情報館 , 2018 All Rights Reserved.